'."\n";?> FXの税金対策

FXの税金対策

FXの税金対策とは

FXで利益がでた場合、税金を納めなければなりません。税金についての知識がなかった、というのは脱税の理由になりませんので、FXと税金対策について調べてみましょう。 特にFXの初心者の方はよくチェックして下さい。

 

まず、知っておきたいのは、確定申告についてです。確定申告をしたことはなくても、ポスターを見たことはあるのでは?給与収入が2000万円以下の場合、 確定申告の必要がないため、知らない人も多いでしょう。しかし、FXでの利益が20万円を超えたら、申告しなければなりません。

 

FXでの利益が高額になったら、やはり節税を考えた方がよいでしょう。給料所得の額によっても異なりますが、支払う税金は15から65%にも!

 

FXの税金対策でまず行いたいのは、必要経費の洗い出しと、その金額の申告です。セミナーや書籍、パソコン、インターネットに係る費用などを利益と一緒に申告することです。

 

もうひとつ、効果的なFXの税金対策は、「くりっく365」でFX取引きを行うこと。くりっく365では、税率が一律20%になる上に、損失分が控除されます。大きく利益が出た場合でも、損を出してしまった場合も、FXの税金対策上は有利になります。 FXでの利益が大きい人や、そもそもの課税所得が多い人は、税金対策も考慮に入れてFX業者を選んでみてください。

税金対策にもくりっく365はお得

FXで儲けが出た場合には、税金を支払わなければなりません。 FXで儲けた分をしっかり計算して確定申告をし、所得税など支払わなければいけないのですが、税金を支払うという事も知らないという個人投資家も多くなっています。

 

FXでで20万円以上の儲けが出たならば、しっかりと確定申告しなければならないのです。 もちろん経費などを差し引いた結果、税金を支払わなくてもよいという状況になる場合もありますが、確定申告はしなければなりません。

 

FXをおこなっていて効果的な税金対策というと、一番いいのがくりっく365で取引をするということです。 一般的な税金としては、分離課税となっているため、利益が出れば出るほど税金を多く支払う必要があります。

 

そのためFXで儲けた金額と、それ以外の会社からもらう所得などを含めて330万円を超える場合には所得税20%に住民税10%の合計30%、1800万円を超えてしまうと所得税40%+住民税10%の合計50%が税金として払わなければならないのです。 ところがくりっく365で取引をした場合には利益がどんなに上がろうとも税率は20%です。

 

例えばFXで1億円利益が出たとするならば、通常は5,000万円支払はなければいけないところを2,000万円で済むので3,000万円も得になります。 これこそ最大の税金対策と言えます。

 

もちろんこれは極端な例ではあるのですが、年間総所得が195万以上の人は、間違いなく20%以上にはなりますので、また330万円以上という人は間違いなく税金対策となります。

スプレッドならDMM FXで間違いない
http://www.fx-spread.jp/fx/dmm.html